licoのわらえば

なんとなくな日常と気のむくままの創作雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

強風日和

 バックデイト。

 朝10時に再びMと合流し、車でお隣ニュージャージー州のショッピングプラザに連れていってもらった。ジャパニーズプラザといってもいい。話には聞いていたけれど予想以上に広くてびっくり。日本製品を専門に扱う大きなスーパーマーケットがあり、食品や日用雑貨に限らず、医薬品や炊飯器まで売っている。さらに、店内にあるフードコートでは、そばやラーメンやとんかつが食べられる。菓子折りまで置いている徹底ぶり。プラザ内には書店もあり、日本の小説や雑誌はもちろん、邦ドラマのDVDや文具も手に入る。資生堂や歯医者さんもあったような。すごいや。この辺りに住んでいたら不自由しないね。

 ただ、そう、住んでいるなら最高だけれど、ホテル滞在中となると話が違ってくる。残念ながら即席で食べられるものは限られていて、お弁当なども日持ちしないし、これ以上荷物を増やすわけにもいかず、朝食用のぶどうパンを買うにとどめた。ランチはフードコートでざるそばを食べた。朝食にマックマフィンを食べてからいくらも経っていなくて、あまりお腹がすいていなかったのが悔やまれる。こんなことなら朝食抜いとけばよかった(泣)。

 ニュージャージーから見た対岸のマンハッタンの眺めが素晴らしかった! 最高の撮影スポットじゃないかな。Mもたまに写真を撮りに来るらしい。彼が写真を始めたことも、今回はじめて聞いて、それもなんだか不思議な巡りあわせだなーと。

20120326_Manhattan from NJ_convert【ニュージャージー州から見たマンハッタン】

 十数年前の米滞在中、選択科目でフォトグラフィーの授業をとって、写真にどっぷりハマっていたのは私の方だった。そういえば、最後にNYCに来たのも写真撮影のためだった。クラスの女の子とふたりで写真を撮りにNYCに行く計画を立てたら、Mが一緒に行きたいと言った。「写真撮影が目的だから、私たちきっと、あっちこっちで立ち止まるし、必ずしも観光名所に行くとは限らないし、退屈するかもよ?」と断りを入れたことを覚えている。そのトリップで、Mが意外に忍耐強いジェントルマンだと気づいた。

 さておき、この日はホテルを移る日だった。例のライブの終了時間を考え、最初はちょっと高くてもと会場近くのホテルを取っていた。ひとりぽっちを想定して(苦笑)。実際にはMが来てくれたから、その意味もあまりなかったわけだけれど、いずれにせよ、あと4日滞在するなら、もう少し安いところがいいなーと別に予約を入れていたのだ。

 完全に都落ちでした(苦笑)。ほんの十数ブロック離れただけで、むしろミッドダウンには近づいたのだけれど、ちょっとばかり外れの方とでもいうか、あまり治安がいいとはいえなさそうな地域。ホテルのランクもがくっと下がり、ほとんどモーテルレベル。が、部屋は広くて清潔で、冷蔵庫や電子レンジもあり(前のホテルはなかった)、有料のワイヤレスインターネットは速くて快適。暗くなってから出歩かなければいいだけの話で、私的には全然問題ない。はす向かいは警察署(NYPD)だし。まあ、フロントの男性従業員はかーなーりー感じ悪かったけども。

20120326_W 42 St_convert【ホテルの前の通り(ウエスト42ストリート)】

 移動の際は、Mが車でホテルの前まで送ってくれた。これは本当に助かった! スーツケースが予定よりだいぶ重くなってしまったので(苦笑)、実は徒歩での移動はちょっとキツそうだなーと思ってたんだ。マサチューセッツでまた会おうねと、Mとはそこで別れた。ところが、である。彼が去ったあとにホテルのフロントに行ったら、あと3時間はチェックインできないと言わてしまった。幸い荷物は預かってくれるというので、身軽になって付近をぶらぶらしていた。

 数ブロック先のタイムズスクエアを経由して、マンハッタンの入口ともいえる巨大駅、グランドセントラルターミナルまで足を伸ばした。正直、どちらも見飽きている。タイムズスクエアは時代とともに様変わりしてきたのだろうけど、私にはその差がわからん。ただ、「いつ見ても派手だなー」と思うだけで(苦笑)。ちなみに、タイムズスクエア周辺は、前日までMSGでのライブを告知する巨大パネルで溢れていたのだそうな。ホテルに戻ってからネットを見て知った。あらま。どうやら一日遅かったようです(苦笑)。

20120326_Times Square_convert【タイムズスクエア】

 グランドセントラルターミナルは、かつてはグランドセントラルステーションと呼ばれていて、大きいだけのただの駅だった。MA滞在中は列車(アムトラック)でこの駅からNY入りしたものです。が、今は改装されて、ショップやレストランが駅構内にひしめきあっている。見学ツアーまであるというから、ひとつの観光名所だね。NYの玄関口だもの、10年も経てばそりゃあ変わるか。ドーム型の天井に描かれた星座は健在。私的にはそれだけで充分。あの美しい天井は一見の価値アリです。写真にうまく収められないので、自分の目で見るのがいちばんだ。

20120326_Grand Central Terminal_convert【グランドセントラルターミナル】

 ホテルに戻る道すがら、NY公共図書館(「パブリックライブラリー」というから市立図書館だと思っていたら実は私営で、一般に開かれているという意味の「パブリック」らしい)に寄った。これまた大好きな場所のひとつで、吉田秋生の漫画「BANANA FISH」の主人公アッシュが好んで訪れていた場所でもある。そして、手負いの彼が親友の手紙を手に、満たされ、穏やかな顔で息を引きとった場所。漫画ネタばっかりだなぁ(笑)。館内をぶらぶらし、写真を撮り、外の階段付近でニューヨーカーっぽく日向ぼっこをしてみた。いや、めちゃくちゃ寒かったけどね(苦笑)。

20120326_NY Public Library_convert【NY公共図書館】

 そう、この日は風が強くて、身を切るような寒さだった。風邪なのか花粉症なのか、鼻水は出るし咳は出るし咽喉は痛いしで、実は体調もあまりよろしくなかった。ダストや花粉どころか、空気中にフツーにドラッグとか混ざってそうだよなーなんてことを思いながら、ここで体調を崩すわけにはいかないと、マスクをして歩く。道行く人にすっごい見られちゃった。そんなに珍しがらなくても(苦笑)。

 ホテルに戻ってから大失敗をひとつ。預けた荷物を引き取る際に、チップを渡すのをうっかり忘れてしまった!(汗) フロントの男性には絶対あげたくないけど、預かってくれたのは警備員の方だったしなー。うーん、チップ制度はなかなか心臓に悪いです。

20120326_Travel Inn_convert【ホテルの部屋】


関連記事
スポンサーサイト

 アメリカ旅行記

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。