licoのわらえば

なんとなくな日常と気のむくままの創作雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

ハッピーハロウィン!

 La la la la...Halloween party♪ La la la la...Let's trick or treat♪

 ハロウィンですね。どっかの誰かさんが、主に飲み仲間と結成したというハロウィンバンドも、季節ものだけに今日で休業かしら。あれねぇ、正直、ちょっとビミョーだった。新曲が出る! しかも、PVのDVD付きだって! と喜び勇んでネット予約したものの、事前の情報公開で概要を知ってがっくり。CDは届いてから一度も聴いてないし、PVも一回観ただけでもうお腹いっぱい。当の彼の仮装が、カッコよくもかわいくもきれいでもなくて、フツーにテンション下がったわ(苦笑)。まあ、一度観るぶんには凝ってておもしろいけど。

 そんな内輪ウケくさいノリのハロウィンソングが、スカパーの音楽専門チャンネルでは、なんと、しっかりベスト10入りしているようで。さすが季節もの。みんな何でもいいのね。と言いつつ、なんだかんだ、私もよく耳にした。だって、スペシャにチャンネル合わせると流れているんだもの。このリピート効果が意外にあなどれなくてね、気がつくと口ずさんでいたりするんだわ。何気に耳に残るメロディです。単純明快で覚えやすい。イントロ長いけどね。歌がはじまるまで1分20秒! 私なら間違いなく「スキップ」ボタンを押すな(笑)。

 衛星やケーブルの音楽番組って、地上波より情報早いじゃない。誰これ?っていうようなミュージシャンのPVがやたらと流れると思ったら、数か月後に地上波の音楽番組に初登場して、一躍メジャーな存在になったりとか。このハロウィンバンドはどうなんでしょ。地上波では全然見かけなかったけど、知名度はどの程度? 私のアンテナが足りていなかっただけ? 余計なお世話だけど、一般に広く知られる頃にはハロウィンが終わってるんじゃ……。あ、もしかして来年を目指してる?

 まあ、そんなどうでもいい話は置いといて。え、これが本題じゃなかったのかって? ……違います。実は先日、母に「ハロウィンっていつまで?」と訊かれまして。いつまでって……(汗)。いやいや、いつからいつまでという期間のあるものじゃなくて、10月31日だから。と答えると、「ふーん、10月31日までなんだ?」とまたボケたことを言ってくれる。だから、聞けよ、人の話(怒)。

 そのときにですね、「ハロウィンって、けっきょく何なの?」「アメリカのお祭りなの?」「なんで仮装するの?」「かぼちゃには何の意味があるの?」と、ついでというには厄介な質問がいろいろと飛んできて、哀しいかな、ほとんど答えられなかった。私が知っているのは、ハロウィンは収穫祭ってことくらいで、アメリカでの様子はわかるけれど、起源や本来の意味なんて知らん。で、軽く調べたんですね。軽くね。Wikiで(笑)。

 諸説あるものの、発祥はヨーロッパで、もともとはケルト人のお祭りだったらしい。ケルト人の新年は11月1日からはじまり、大晦日に当たる10月31日には霊界の門が開き、家族のもとへ帰ろうとする死者の霊とともに、魑魅魍魎が出てくると信じられていた。ジャック・オ・ランタンは魔除けのために焚いた火に由来しているのだとか。仮装もそこからきているんですね。

 で、ケルト人がカソリックに改宗したあとも、お祭りだけが民族行事として残り、つまるところ、今となっては宗教的な意味はほとんどなく、ましてやキリスト教の祭りなどでは決してないと。でも、トリック・オア・トリートはキリスト教会が奨励したんでしょ。なのに、教区によってはハロウィンを祝うなというお達しが出されるとか。ふーん、変なの。

 アメリカでは大衆文化という扱いですね。かぼちゃに仮装にトリック・オア・トリート。とくに子どもにとっては一大イベントだけれど、このトリック・オア・トリートがけっこう厄介な代物でね。日頃から付き合いのある家ならともかく、そうじゃないところにまで奇襲をかけてくるので、前々からかなりの量のお菓子を用意しておかなければならない。

 アメリカに住んでいる知人もボヤいていた。労力もさることながら、お金も相当かかるって。それでも、用意しないわけにはいかないらしい。仮装して目を輝かせている子どもたちを前に、「お菓子はありません」なんて言おうものなら、幼児虐待か、くらいに冷たい目で見られるから。うん、わかる気がする。そういう空気だよね。

 留学時代の私がどうしていたかといえば、そんな余分なお金などあるはずもなく、また、授業についていくのが精一杯で毎晩遅くまで勉強ばかり、ハロウィンを楽しむ余裕もなく、コンコン、「Trick or Treat!」と聞いてはじめて気づく。しまった! 今日はハロウィンじゃねえか! 一切の動きを止め、息をひそめ、思いっきり居留守を使いました。子ども相手に居留守だよ? 苦い想い出です(苦笑)。

 日本ではいまいち定着しないね。トリック・オア・トリートはアレだけど、みんなで仮装したら楽しそうなのに。あくまで「みんな」というあたりを強調したい。仮装を見るのは好きです。やってみたいかと訊かれれば、ちょっとやってみたいかも。みんながやるなら(笑)。ちなみに、仮装はコスプレとは違いますから。誤解のないように、一応ね。

関連記事
スポンサーサイト

 雑記

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。