licoのわらえば

なんとなくな日常と気のむくままの創作雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

大雪予報

 昨日の雑記に拍手をいただいてしまいました(汗)。いつもありがとうございます。実はちょっと恥ずかしい。つまらない愚痴をお聞かせして、本当に申し訳ないです。

 先週からずっと、「いびり」かと思うほどの集中攻撃を受けていたので、昨日はその苛立ちがピークに達し、つい大人げなくあんな愚痴を垂れ流してしまったけれど、一夜明けて今日は少し落ち着いた。落ち着きついでに続報を。

 今日、本社の責任者からメールでクレームが入った。「そんなルールではなかったはずですが?」と言わんばかりの、文面から怒りがにじみでたメールで、社員はその対応に大わらわ。HA! ざまーみやがれ、こんちくしょう! と、それでだいぶ気が晴れた私は、やっぱりどこまでも大人げないのでした(苦笑)。それにしてもすごいタイミング。我慢の限界を感じた昨日の今日ですよ。もしかして神さまは私の味方?

 但し、この件についてはこれこれこうしてください、という新たな(もとい再三の)本社指示は、相変わらず言葉が足りず読解不能。それをまた社員が、今度は意地になって独自解釈していた。だーかーら、わからないのなら歪曲する前に訊けよ。と、さすがに呆れた。ああもう、好きにして。そう思ったら腹を立てるだけばからしくなって、急に気分が楽になった。何でも気の持ちようなんだよね。わかっちゃいるけど、いちいちかりかりしちゃう。ともあれ、お騒がせしました。

 さて、お天気の話でもしましょうか。

 この間、東京で予想外の大雪が降ったのはいつだったっけ。そうだ、1月14日、成人の日だった。祭日だし、それほどの混乱はなかったと記憶しているのだけれど、天気予報士は積雪予報を大幅に外し、メンツ丸つぶれだったみたい。きっとそのせいもあるのでしょう、先週から出ていた今日の雪予報には、大袈裟なくらいに騒ぐ騒ぐ。都心でも積雪10センチ、なんていう過大予報も一時出ていた。

 が、また外しちゃったね。本日未明から降りはじめ、昼頃までけっこうな降雪が続くと予想されたものの、ふたを開けてみれば都内はほとんど雨。朝のニュースでは、雪が降っている一部地域からの中継で、ちょっと必死に見えてしまうくらい、うっすらと白くなっているところばかりを映し、「もうこんなに積もりはじめています!」とキャスターが声を大きくしていた。

 大雪になることを見越して、JRは始発から3割ほど間引き運転をしていたらしいし、運休を決めた急行列車もあったそうな。前日から、翌日の通勤時は注意するようにと呼びかけていた企業も多かったという。とにかく、大騒ぎ、という印象。予防策を講じるのはいいけれど、本格的に降りだす前からこの騒ぎですよ。なんかちょっと、恥ずかしくないですかね、東京人? しかも、当の雪は朝や日中にときどき舞った程度で、けっきょく本降りにはならなかったし。

 そんなふうに呑気に構えていられるのも、私が徒歩通勤だからかも知れない。交通機関の遅れを考慮して、皆さん早めに家を出たと言っていたのに、仕事中も、雪がひどくなって帰れなくなることを心配していたというのに、私ってばそんなことはどこ吹く風で、この間買った雪かき用のスコップを使ってみたいから、もうちょっと降らないかな、なんて思っていました。ええと、ごめんなさい(汗)。

 今は雨もやんだのかな。夜になって急に冷えこんだけれど、明日はまた気温も少し上がり、晴れるらしい。とんだ雪予報騒動だったね。でも、日本の天気予報の命中率はすごいらしいよ。頼りにしてます。

関連記事
スポンサーサイト

 雑記

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。