licoのわらえば

なんとなくな日常と気のむくままの創作雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

春だ

 この間ふと、ああ、去年の今ごろはアメリカを旅していたんだなー、なんて思った。記憶が薄れるのが本当に早くて、なんだかもう何年も前のことみたい。ほとんど憂さ晴らしのように出かけ、少しばかり大らかな気持ちをとり戻して帰ってきたはずなのに、気がつけばまた、日々の些細な出来事に苛立ってばかり。人間がちっちゃいな、私。

 実は、先月のはじめからずっと体調不良が続いていて、一度も復調しないまま現在に至る。季節の変わりめだから余計でしょう。いついつは寒の戻りとか言われても、まさか冬のコートはもう着られないし、風邪をひいたりして、ますます具合が悪くならないよう、いつも以上に気をつけねば。これからまた夏へ向かってゆくのかと思うと憂鬱だけど、陽気は早く安定してほしい。

 さて、4月。先週の雨と暴風で東京の桜は見る影もなく散ってしまい、地面に落ちた花びらも、なにやら哀しいことになってます。今年の桜は、例年に比べていまひとつだった気がするのは私だけかしら。枝ぶりのせいか、頭上がわっと花に覆われる感覚があまりなくて、なんともすかすかだったような。昨年は夏が長くて、秋をすっとばしていきなり寒くなっちゃったから、そういうのも関係しているのかも知れない。

 桜といえば、あちこちで見ごろを迎えた桜が切り倒される事件が起きているとか。ひどいことをする人がいるもんです。桜の木を切り倒すって、どんな神経よ? 日本人じゃねえな。そういえば、広島だっけ、猫が切り刻まれる事件も起きているよね。人間じゃねえな。そういう輩は、伊坂の小説に出てくる桜のように、「理由になってない」と言いはなって、ずどんと撃ち殺してやりたい。

 閑話休題。

 4月といえば新年度ですが、私の場合、新年度だからといって、業務にそれほどの変化はない。仕事の量が若干増えたくらいかな。4月から受託件数が増えるという話は聞いていたけれど、増えたのは件数ばかりではなかった。一件一件の中身も濃くなって、次から次へと厄介な症例が。やってもやっても減らないよー、みたいな。

 最近、仕事をこなすペースが同僚と違う気がしていて、胸の中に漠然とした不満がつのりつつある。ものによってかかる時間が大幅に変わってくるのは理解しているつもりだけど、単純計算で一日あたりひとり何例だなと考えても、私ばっかりその倍もやっているのはなぜだろうと。

 重い症例をひとつやるのと、そこまでじゃないものを10件片付けるのと、どちらがより負担なのか、近頃はよくわからない。数をこなすと、そのたびに頭の切り替えを強いられるから、なんとなく盛りだくさんな気がしているだけかも。たまにどっと疲れを感じる。

 それでもまあ、なんとか定時にはあがれているので、贅沢言っちゃあいけませんね。この間なんて、終業のチャイムが鳴ったときはまだ仕事をしていたのに、その30秒後には居室を出て、第一便のエレベータに乗っていた。撤退時のあまりの素早さに、われながら感心しちゃった。そして、15分後には家に着いているっていうね。

 環境は少しだけ変わった。人事異動で部内の顔ぶれが入れ替わったのもそうだけど、今回は私も民族大移動、いわゆる席替えに巻き込まれてしまい、ちょっとしたストレスを感じていたりする。これまではわりと端っこの方の席だったのに、今はなんとオフィスのど真ん中。真ん中って落ち着かないよね。日本人だなと。

 何がいやって、新しい席は寒いんだわ。ちょうどスクランブル交差点にいるようなもので、とにかく人通りが多い。後ろといわず横といわず、いつも誰かがそばを通りぬけていくから、そのたびに風が吹きぬける。デスクの前に貼っているメモの類が、始終ばさばさいってるもの。

 去年の夏は、この会社は冷房が控えめで快適、とか言っていたような。が、冬は泣かされました。噂に聞いていたとおり尋常じゃない寒さで、手がかじかんでキーボードが打てなくなるほど。普通さ、どこの会社に行っても、寒い寒いと言っているのは女性ばかりで、男性陣はけっこう暑がっていたりするんだよね。でも、この会社では、男性社員でさえダウンを着込んで仕事をしていた。

 女性に至ってはもう、ある意味、なりふりかまわずですね。同僚の女性なんて、着る毛布に埋もれてKKKみたいになっちゃってたし。まあ、いくら寒いといっても、オフィスで着る毛布はどうなのって感じだけど、彼女なりのアピールだったのでしょう。体調崩したらどうしてくれるんだ、なんて怒っていた人もいたっけ。確かに、あそこまで寒いと腹も立つよね。

 そんな寒さも、今月に入ってからは少し和らぎ、私も2~3枚ほど脱皮しました。着ぶくれ大王卒業。まあ、席替えのおかげでまだ膝かけは手放せないのだけれど。ああ、すみっこの席が恋しいな。

 ともあれ、冬の間ははだかんぼうだった通勤路の草木も、いつの間にやら芽吹いていて、また緑が増えてきた。新緑ってどうしてこんなに目に優しいんだろう。心も弾みます。もう少し暖かくなって、そのまま3年くらい時が止まってくれれば、個人的には大変嬉しいんだけどな。これ以上歳もとらなくてすむし。

関連記事
スポンサーサイト

 雑記

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。