licoのわらえば

なんとなくな日常と気のむくままの創作雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

総選挙

 あるときふと気づくんですよ。好きすぎて気絶しそう、とまで思っていたあの曲を聴いても、もはやときめかないことに。飽きたわけでは決してなくて、目をそらしきれなくなった現実が重みを増して、バランスが崩れる瞬間とでもいうか。それは、叩き起こされて夢から引きずりだされる不愉快な目覚めに似ている。

 しかし、寝起きが悪いのは昔からだし、二度寝も得意なので、意地でも眠りを貪るわけです、それこそ手を替え品を替え。L'Arcの夢から醒めたら次はVAMPS。ちょうど新曲も出たことだし、とノリのいい英詞の楽曲を頭の中にがんがん響かせ、自らを破壊する勢いで怒りと苛立ちを昇華させる。で、それに疲れた頃にHYDEのソロ曲に流れついて、すると自然とまたL'Arcに戻ってくると。数か月周期でループ中。

 同じじゃん!というツッコミは聞こえない(笑)。私にとってはまるっきり別ものなのだ。三者三様というか、実際には三者の中でも、あるときはライブ音源だったり、あるときはPV映像だったり、あるときはカップリング曲だったりと、さらに細かいところでマイブームが移りかわるので、もっとこう流れに流れてといった感じで、意外に変化は激しい。そのいずれかに常にフィーリングのチューニングが合って、なんだかんだで現実逃避を続けていられるのだから、私ってばけっこうおトクな人に惚れたんじゃなかろうか。なんてことを最近はよく思う。

 そんな折、今年もまた総選挙がありました。じゃじゃん。第3回HYDE48総選挙。AとかKとかBとかいう世の雑音に無駄に苛立たないようにと、3年ほど前にどこかの素敵な方が考案してくださったファンイベントらしい。ストレス半減、楽しみ倍増、むしろこの時期が待ち遠しくなったりもして。

 笑っちゃうのは、候補HYDEがもはや48人どころではないってあたりかしら(いや、実際には「ひとり」だから)。ちょっと節操ないほどに多すぎるんじゃないかという気もしつつ、そういう私もちょっと節操ないほどに日に何度も投票してしまった。トータルで50~60票は入れたかな。今年はそれくらい本気で推してました、2007年またハーのナチュラル茶髪HYDE。

 過ぎてしまった時代を懐かしむほど虚しく、またご本人に対して失礼なこともあまりないんじゃないかと思いながら、これだけは譲れない。誰がなんと言おうと、私は2007~2008年の頃の彼がいっとう好きです。誤解を恐れずに言っちゃいますけど、だっていちばんカッコいいもの。しかも、かなりナチュラルな状態で。

 2007年8月26日の富士急ライブは、間違いなくベストライブのひとつでしょう。市販されているライブDVDの中ではいちばんのお気に入りで、飽きるほど見ても決して飽きないという。つくづくリアルタイムで観たかった。なぜ冷めていたんだ、2007年の私!(←もう言い飽きた)

 そのライブでの彼は、めちゃくちゃシンプルなタンクトップに、めちゃくちゃシンプルなブルージーンズ、そしてなぜかぼろぼろのふわ袖不思議白シャツというスタイル。メイクはほとんどしていないようで、少し長めの茶髪を乱しまくりながら、歌って踊って回って跳びはねて元気いっぱいのご様子。その首筋を汗がつたっていくんですよ。さらに、このときの歌は、どれをとっても素晴らしいの一言。すごく安定していて、すごく声が出ている。

 前々から密かに感じていたことだけれど、このライブで改めて思った。男性の最盛期って、やっぱり30代後半よねぇ。羨ましい。ちなみに女性は、自身の経験からすると20代後半でしょうかね。わたくし、完全に終わってますね。だから現実逃避に余念がないのかも(苦笑)。

 して選挙の結果はといえば、ナチュハイは1423票を獲得して6位でした。昨年は10位だったので、「神7」と呼ばれる上位7位に入っただけでも上々なのだろうけど、やっぱりちょっと悔しい。だって1位が、2012年のハロウィンの仮装HYDEなんだもの。しかも女装。しかもコスプレ。水銀燈ハイ子とか呼ばれて。アニメのキャラクターらしいけど、元ネタ知らないし。

 確かに、はじめて画像を見たときは、あまりにきれいでびっくりした。ファンじゃない人たちの間でも話題になっていたようだし。だけど、一年に一回の総選挙で、コスプレ女装HYDEが優勝ってありえなくないですかね? 皆さん、彼に何を求めているの? とか、興ざめなコメントしちゃいけないんだろうな、きっと。それに、現在の彼を応援せず、過去の彼にうつつを抜かしている私だって、まったくもって似たようなものよね。

 その点、昨年の優勝者、通称「花HYDE」は見事だったなーと。選挙直前に発売された雑誌(6/13 訂正:この時点ではまだ発売されていなかったそうです。なので、正しくは発売前の雑誌)の表紙が、ものすごい勢いで1位の座をかっさらっていったんですね。大変インパクトのある写真でした。思わず納得してしまうほどに。そうやって毎年、「現在」の彼が活躍してくれればいいな、と思っているのも本心だったりする。来年は来年の彼が優勝しますように。

 何はともあれ、総選挙、とても楽しかったです。主催者さまに感謝。

   2013年 第3回HYDE48総選挙 結果
   2012年 第2回HYDE48総選挙 結果

関連記事
スポンサーサイト

 音楽

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。