licoのわらえば

なんとなくな日常と気のむくままの創作雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

ラッシュアワー

 ジャッキーとタッカーの映画の話ではない。

 端から端まで20センチ強、右足の脛付近で青と紫と黒のグラデーションを描いていた痣がようやく消えた。先月の中頃だったか、朝の通勤電車の中で、育ちの悪そうな若い女に蹴られた箇所だ。

 たまたま足が当たったわけでも、サッカーボールを蹴るように、つま先や脛をポンと当てられたわけでもない。女はローファーをはいた足を膝のあたりまで一旦持ちあげ、私の脛めがけて勢いよく蹴りだしてきたのだ。「ヤクザ蹴り」というらしい。骨までズンときた。つま先だか踵だか知らないけど、靴の裏の堅いところを敢えて使ったその蹴り方は、ひどく冷酷で、社会人の、それも女性のすることとは思えなかった。

 カッとなった。何を考えるより先に手が出て、気がついたら女の髪をひっつかみ、「ざけんな!」とかなんとか怒鳴っていたような。そしてその前には、女の頭部目がけて肘鉄を食らわしたような気もする。が、なんせ一瞬のことで、よく憶えていない。それでも、彼女の顔に浮かんだ恐怖の表情は、今でもはっきり思いだせる。

 Oops。あーあ、やっちゃったよ。育ちが悪いのはどちらでしょうね。周りの乗客も相当びっくりしていたけど、いちばんびっくりしていたのは、たぶん私自身だ。言葉の応酬ならともかく、人に手を上げるなんて、思春期以来じゃないだろうか。長い時間をかけて身につけてきたはずの自制心はどこへ行った? 理性は? 常識は? 大人の立ち居振る舞いは? ふと我に返ったときの恥ずかしさといったらなくて、脇の下を冷たい汗が流れるのを感じた。

 しかし、この話には続きがある。実は仕返しされたのだ。次の駅で電車を降りる直前、女はすっと私のそばにやって来て、先ほどと同じところを、今度は渾身の力を込めて蹴りつけ、そのまま逃げていった。それもまた一瞬の出来事だった。あんなにびびっていたのに、やるときゃやるのね。今どきの若い女の気の強いことといったら。痛みで動けなくなっていなかったらどうなっていたかと、それを思うとぞっとする。

 くそッ、この女!と思った瞬間、私の頭の中には次の展開がやけにはっきりと浮かんでいた。ちょうど、転ぶ!と思った瞬間に痛みを予期するように。脳裏をよぎったのは、人混みにまぎれて足早に去ってゆく女の頭を、後ろから髪ごとひっつかみ、振り向く間も与えず、その顔面をホームの石柱に打ちつけている自分の姿だった。

 狂気を意識した。暴力といういのは一種の自己解放で、一度解放してしまえば、アドレナリンの過剰分泌も手伝って快感ですらある。自分の中で何かが軋み、何を失ってもかまわない、解放したい、解放されたい、という欲求が高まるのを感じた。が、そこはさすがに自制がきいた。この電車を逃したら遅刻しちゃうし、と妙に現実的に。あるいは逆に、非現実的に。

 ただただ、疲れてんな、と思った。昨年末からこっち、家でも仕事でもストレスばかりで、加えて体調も悪く、ときどき感情が抑えられなくなる。禁煙や減塩のせいもあるかも知れない。とにかく、いつも苛立っている。そうした苛立ちに拍車をかけるのが、毎年4月になると、どこからともなくうじゃうじゃと湧いてでてくる、満員電車の乗り方も知らない新入生やら新社会人やらだ。どうやったら自分たちが優先だと思えるわけ? ばかじゃないの。

 朝の通勤ラッシュは、ただでさえ憂鬱なんだ。誰だって我慢してんだよ。肩肘張って自分のスペースを意地でも確保しようとか、押されたら押しかえすとか、そんなことをしていたら乗車率200パーセントの電車には乗れないし、諍いが起きて疲れるだけだ。

 満員電車では、できるだけ流れに身を任せる、これに限る。右に押されれば右に行き、左に押されれば左に行く。それ以外は、人さまに不愉快な思いをさせないよう、なるべく動かずじっとしている。駅に着いてドアが開いたときには、降りたい人がいれば一旦ホームへ降りて道をあけ、乗りたい人がいれば可能な限り詰めてあげるの。それが暗黙の了解なんだよ。わかったか、小娘!

 以降、通勤中にその女と会うことはなかった。ひと月以上もひどい痣と痛みに泣かされたんだ、やっぱりもう一発くらい殴ってやればよかったと思わなくもない。が、お互い大事に至らなくてよかったと考えるべきか。下手したら私の人生が終わっていたかも知れないし。

 5月も後半になって、朝の混雑は若干落ち着いてきたように思う。GWを境に最初の落伍者たちが消えたからだ。次の落伍者にならないために、一日、また一日と、何かを呑みこんで私も耐えてゆく。削りとられてんな、ストレス社会に。
 
 
関連記事
スポンサーサイト

 雑記

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。