licoのわらえば

なんとなくな日常と気のむくままの創作雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

アウトプット

 お盆中、ほんの短い間ですが入院してました。経緯を説明すると長くなるので、この話は機会があればいずれまた。

 7月の半ばくらいかな、「書く」という行為にすごく飢えていることに気づいた。昨年末から公私ともにばたばたしていて、ブログもあまり更新できていなかったし、創作に至ってはまったくの手つかず状態で、仕事で質の悪い訳文を量産する以外には、文章作成というものから遠ざかっていた。そのぶん読んではいたものの、反動なのか、急に渇きを覚え、ここへきてわーっと自ブログを書き散らかしたはいいけれど、本当に書きたいことは意外と書けないんだと気づいて、また手が止まる。

  そもそも凡人の日常に、毎日記録しておくほど価値のある出来事なんて、そうそうあるはずもなく。しかしその実、状況や心境は刻々と変化していて、久しぶりにブログで近況報告でもと思ったときには、これまでの経緯や感情があまりに複雑に絡みあっていて、バックグラウンドを説明せずに、一部分だけを抜きだして書くということが難しくなっていた。

 だからまあ、その都度、記しておくべきだったのかも知れないけれど、渦中にあるとき、あるいはウツにはまっているときは、人間なかなかアウトプットできないもんです。吐きだしたくても、どれもダークだなーと思うくらいには自制心も働くし、喉元過ぎてようやく話せるようになることがほとんどだ。

 というか、公の場でそんなダークな話はせず、表面だけの薄っぺらい雑記を書いていればいいんじゃないの、と思わなくもない。が、そこに何の意味があるのかと考えると、人はどうあれ、私は価値を見いだせない。自己満足だとわかってはいても、いえ、だからこそ、ある程度は本音で語らないと、と思うわけです。そう、ある程度はね。

 ただ、最近は自分がすごく蝕まれているような気がして、どこを突いても出てくるのは毒ばかり、という状況になりつつあり、それはそれで困る。元来が相当な毒舌なので、これでもずいぶん抑えているほうなのだけれど、この歳になると、毒は吐けば吐くほど自分に返ってくるよね。どんどん惨めになる。愚痴ってばかりのつまらない人間、つまらない人生、みたいな。あ、ちょっと話が大袈裟になってきたかな(苦笑)。

 いずれにせよ、鬱々悶々としているときには、軽い話なんてできやしないので、そういうときは黙るに限る。そして、ちょっと落ち着いたら、人さまの目にあまり触れないところで、ときにはどうでもいいようなくだらない話もしつつ、50%くらいは抑えて毒も吐きつつ、弱音も吐きつつ、強がりも言いつつ、適度にストレスを発散させ、適度に気分転換できたらいいなと、最近はこのブログの位置づけを、そんなふうに考えています。

 ふふ、私も基本的には変わらないのね。むかし、とくに思春期の頃は、いっぱい悩んで、いっぱい考えて、いっぱいもやもやしていた。生きる意味とか、人と人との繋がりとか、運命(!)とか。licoさん考えすぎ!って、いろんな人に言われたっけ。あの頃は、何をしていても、誰といても虚しくて淋しくて、今思えば笑っちゃうくらい青臭い悩みなのだけれど、ばかみたいに真剣だった。

 当時はブログなんてなかったし、日記などもとくにつけていなかったから、そういう想いは全部、自作物語のなかに吐きだしていた。ブログで愚痴る時間があるのなら、今だってそうすればいいのにね。そしたら、コンスタントに新作を書きあげることができるかも。そっちのほうがよほど有意義だろうと思いつつ、愚痴っぽい小説は愚痴っぽいブログよりもっと書きたくないし、読む側としてもイヤかなーとか思ったりして。いや、愚痴を愚痴っぽく見せないところが、腕の見せどころなのかな(笑)。

 けっきょくのところ、私みたいにプライドばかり高い人間は、こういう場でこっそり本音を漏らすくらいがちょうどよいのでしょう。リアルワールドで人に弱味を見せるのは絶対にイヤだから。上手に甘えられる人はいいなー、ってたまに思う。

関連記事
スポンサーサイト

 雑記

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。